劇団univalize旗揚げ公演 at 福島県飯舘村 Vol.3

演劇 × 映像

=新しい物語の表現方法

劇団univalizeはコロナ禍のエンタテイメント業界の状況を憂い、オンライン配信劇団として誕生しました。

それは演劇のオンライン化というという枠に留まらず、演劇的な表現方法に映像表現と融合させ、新しいメディアとして立ち上げていきます。

映像表現に適した出演人数、演目、上演時間等を決め、電源とネットワークへの接続が可能であれば、全ての場所が舞台であり、その感動を世界に向けて配信することができるのです。

今回旗揚げ公演に出演するキャストは総勢6名。それぞれ様々な演技経験を踏まえた実力、素質を評価し、選抜致しました。

6名のキャストが2名ずつ、3組で物語を進めていきます。

演者2名が魅せるシンプルながら濃厚な人間模様は、理不尽であったり、不条理であったりする社会の中で、一縷の望みを見つけ、再生へと導いてくれます。

そして、今回この旗揚げ公演を福島県飯舘村で行います

その理由は、東日本大震災から10年を経て、今なお震災の爪痕が残る飯舘村から「再生」の物語を発信したいと思ったからです。

飯舘村は再生の村と言われています。

震災による放射能の汚染を経験し、現在除去作業を経て、避難解除が行われています。
元の生活に戻れない中、それでも自分たちが生きてきた土地に戻り、何とか根を張り、生きていこうとしています。

演劇における再生というテーマは不変であり、だからこそ再生を体験しつつ、生きている人たちと、何かしらのメッセージを発信したい。

それは人生には不条理なこと、理不尽なことは多いけど、乗り越えらないことはないんだよということ。

時間はかかるかもしれないけれど、自分を取り戻す時は必ず訪れるということ。

そんなメッセージが発信できればと思っています。

公演概要

公演日時:2021年12月4日(土)、5日(日)
開始時間:12月4日(土)17時~・20時~ / 12月5日(日)14時~
公演回数:計3回
公演時間:約1時間
公演場所:福島県飯舘村内
視聴金額:1500円(税込み)

発売日時:2021年11月19日(金)19時~
配信媒体:カンフェティ ストリーミングシアター

チケットはこちらからご購入下さい
https://www.confetti-web.com/guide/streaming/

 

出演
橘 奈穂・秀 天・橋口久男野母史香・燈乃 縁舞 花

スタッフ
企画:難波稔典 / カメラ:有山雅春 近藤康太郎 高野大助 / スイッチング:佐藤勇太
マイク:三浦研二 / ミキサー:鈴木直人(有限会社たすく) / 制作:渡辺多恵子 柏倉さくら

メイク:Maiko

演出:為国孝和

協力
MARBLiNG,Inc.


製作
劇団univalize
有限会社オッズ・オン

本公演は新しい文化芸術活動を支援する「ARTS for the future!」の補助対象事業です。